GPD Pocket キーボード交換

タグ:

ウルトラモバイルゲーミングPC GPD Pocket。キーボードが壊れていたのを部品交換で修理しました。

実際はキーボードの網目みたいなとこには絶縁シールが一面張り付いている。

キーボード交換のために分解してみると、部品の多くが粘着テープで固定されていた。なかでもバッテリが一面まるまる強く接着されていて、取り外しはとても大変です。私の場合は、これがうまく外せず曲がってしまったのでバッテリも買い直すことになった。

部品代はキーボードが72.85USD、バッテリーが51.96USD。散財!

交換後、全キー動作した。

この交換修理はキーボードのハードウェアが死んでいたための対処です。同じキーボードが壊れるでも、ソフトウェア原因のものもあるみたいです。BIOSでキーが効くかで判別。

部品が安くないのと作業が大変なので修理はおすすめはできないという結果になりました。新型を買っちゃえ。

投稿日:
カテゴリー: Journal タグ:

作成者: KuniKuniMitanni

イラスト, 3Dプリント, 写真, Web開発, バイク, 料理。文章の特訓に記事を書きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。